« 2001年7月 | トップページ | 2001年9月 »

2001.08.28

先輩が残してくれたもの

 広島遠征の番外編ともいうべき今回の日誌。
本来、西高吹奏楽部では2年の春休みで引退…という形をとっていましたが、今年の3年生のうち5名の先輩方は夏のコンクールまでで引退とし、今まで残っておられました。
受験、1,2年との衝突、3年としての責任…。いろんな重圧がありました。そして、
「3年も部活をやる」
この一言に、どれだけ彼女達は悩んだのでしょうか。この進学校のなかで…。
さまざまな不安の中で、『吹奏楽を続けたい』その強い思いには本当に頭が下がります。
先輩方は、いろんなものを私達1・2年に残していってくださいました。
3年がいるという安心感。
合奏でのいろいろな指摘。
そして、何よりも音楽が好きだという気持ち。

大切なものを、わたしたちは貰いましたね。

あの日、遠征の最後に先輩方が私達にいわれた言葉は、きっと一生心に残る言葉だと思います。

いまの米西ブラスを作ってこられた先輩方に賞賛と、心からの感謝を。
吹奏楽部一同
2001/08/28

| | コメント (0)

2001.08.27

『そして、何が見えた?』

 8月25日から出発した米西ブラスは、広島で26日の朝を迎え、7時にはホテルを出発。
市内の高校の音楽室を借していただいて2時間の練習をし、一路、一同は厚生年金会館へ。
楽器を積み降ろしたあと、音出し室、チューニング室、そしてあっというまに舞台裏。
西高は昼休み後一番最初だったために舞台裏では完全に楽器が冷えてしまった状態で、なんとか息を入れて暖めようとしたものの冷房は容赦なく送り込まれていてトホホ状態。

午後の演奏開始のブザーが鳴り、一気に緊張する者、本番モードになる者、サーっと血の気が引いてく者と様々。
厚生年金会館のホールが満員の中、いよいよ演奏がスタート。冷たい楽器が奏でる音はピッチもいまいちで、なおかつ…
みんな、ありえないくらい緊張していた。テンポも練習より速く、いつものように演奏できているだろうかと不安でいっぱいのまま自由曲に突入。

そして演奏が終わり急いで楽器をトラックに詰め込んで、やっとお弁当タイム。
『いや〜つかれた…』
「あ。出演者は外でお弁当食べてくださあ〜い(係の人)」
『へー!!?』
「じゃ、お弁当取りに来て—(先生)」
『・・・・・・・・・・・(泣)。』

てなかんじで(^^; 多少のブーイングはあったもののなんせこの人・人・人!!駐車場からエントランス、ホール直前まで長蛇の列が…!!
見るからに中で食べられるはずもなく、大多数の部員は駐車場で昼食をとることになった。
こうなったら飲み物で潤すしかない!近くのコンビニ行こうー♪
…いやしかし、みんな考えることは同じらしく某コンビに内はユニホーム姿の人がいっぱい。店内の温度は人口密度と反比例するばかりでちっとも涼くないわけで。。。(^^;

続きを読む "『そして、何が見えた?』"

| | コメント (0)

2001.08.10

シエナ

 今日は午後2時からシエナの演奏を聞きにほとんどの部員はコンベンションへ☆
横浜公演では 佐渡 裕 さん指揮で、米子では 金 聖響 さん指揮となりました。
メンバーの年齢も若く、そして女性が多いのにはびっくり(・0・)
途中 宝島や、ボディーパーカッション、そしておもろいおっさん…いやおじさんのおかげで観客は大盛り上がり!!
なんと最後の演奏は、楽器持参の人はステージに上がり(プロと!)一緒に演奏できるという最高のオマケつき。
なんと気が利いたバンドなんだ…(笑)! プロの指揮者、メンバーと演奏できたのは一生心に残るんだろうなぁと感激しながら演奏は終了☆
やっぱ、音楽をするスタミナはいい演奏からもらわなくっちゃね♪
2001/08/10

| | コメント (0)

2001.08.09

ああ、福岡!!

 コンクール2日後に福岡へ行くこととなった米西ブラス。8/6〜9の四日間に渡るスケジュールです。
早朝の出発とあってみんなの顔も冴えない。半分寝てるような人もちらほら。
楽器と荷物と総文祭への期待を乗せた2台のバスは一路北九州へ。
早速バスの中で寝る人や、ビデオを見る人、ひたすらおやつを食べる人と様々。
(K先生は広島のあたりから早速ビール☆)
バスの中の話はさておき、日程2日目の総文祭の話しをすると、 流石全国の舞台、いい演奏をたくさん聴かせてもらいました。
特に印象に残ったのが山梨県代表日川高校、岡山県代表就実高校、そしてetc...
会場の盛り上がりや、演奏のレベルの高さは個人的に就実が一番でした。

ここで近隣の県の代表校を紹介すると…
   広島県→基町高校
   島根県→三刀屋高校
   岡山県→就実高校
   山口県→岩国高校
…となっていました。
総勢39校が参加した『全国高等学校総合文化祭・吹奏楽部門』は2日間にわたって行われ、西高は2日目の出演となりました。 一日目に行われた親睦会に参加出来なかったのがとても残念!!ちょっと観光を重視しすぎたか(汗)?
会場はパイプオルガンもあるホールで、講評はあの『スター・パズル・マーチ(93年課題曲)』の作曲者である小長谷 宗一 先生と至れり尽くせりな演奏会でしたが、唯一気になったのが客席の反応。
拍手も、テンションもいまいちでした。少し盛り上がりに欠けた・・・かな?(^^;

そして途中、厚生年金会館のトイレの水が流れない!出ない!なんていう騒ぎもあり、私を含め何人かは近くの銀行に入ってトイレを貸してもらうはめに・・・・(泣)
銀行の方々はそりゃあ驚かれてて(笑) そりゃそうだ。あんな黒ずくめの格好で・・・・・・(笑) しかも極めつけ、なんと戻ってみると(汗だくで帰ってきたってのに!)トイレは無事水が流れていて・・・・・。思い出としては残るでしょうけど。(−−;

夜、夕食の席で読み上げられた講評は上々(意味:この上なく良い)!!
『自由曲も聞きたかった。全国に出てこられることを期待してます!』とのお言葉に一同大盛り上がり!!行こうじゃないの、こうなったら!!!(爆)(しかし、自由曲を演奏してたらどうだったでしょうね?AND ALL...の次に宝島ってのは相当イミシンな…)

3日目は、福岡のスペースワールドで午前中騒ぎ、午後は山口へ移動して水族館へ。
4日目は萩市内の観光。全員が萩焼きをお土産にもらい、吉田松陰ゆかりの神社に参拝するなどして、一同は米子へ帰路に就きました。
去年の中国大会で鳥取県1位となったため今回の福岡行きが決定したわけですが、 いやぁ。ホント、頑張った分だけいろんな嬉しい事がついてくる。吹奏楽って良いなあ。といまさらながら実感しました。
今回の遠征録はこれでおしまい☆★☆
2001/08/09

| | コメント (0)

2001.08.03

さぁ県大会!!!

いよいよ県大会の日。
この夏を決める・・・・というのは言い過ぎかもしれませんが、でもやはりコンクールは他の演奏会とは別格で・・・・。
初のユニフォームお披露目、そして我が鳥取県の誇る最新のホール『未来中心』。
なんとかいい演奏ができるようにとみんなこの日のために一生懸命やってきました。
(ちなみにFLパートのM氏は緊張で寝れなかった。)

ホールにつくと流石最新式のホールとあって広いし、設備は充実。
問題のホールはと思い早速中学校の演奏を聞きに中へ‥‥‥

‥‥‥。

でかい!!! こりゃぁまずいな と思うくらい響いており、少々心配になってきた。
まず何といってもステージ上の空間がものすごく高く、ステージから出た音が反響してバフバフ鳴っており、ホール対策をまったく甘くみていました。
しかし、小谷先生は何度かこのホールにきているとのことだったので、まずは一安心。

そして米西ブラス一同はゆっくりと後輩達の演奏を聞く暇もなくチューニングへ。
チューニング室も小さなホールとなっていてちょっと感激。

演奏はほとんどせず、3Dチューニングのみ。
個人的にはかなりFLのピッチがあっていないと感じましたがそのまま本番へ突入。
あわわわわ・・・・と焦っているともう舞台袖。

高校Aの部二番手の米西は一同ステージの上へ。
お客さんはほぼ満席の状態で演奏がスタート。じゃららーん〜♪と課題曲の『平和の行列』を吹いたとたん、みんなが「響きすぎやこのホール!!」と、とりあえず関西弁で思ったに違いない。
いやあ、ここまで響くとは・・・(^^;
間違いなくこの未来中心、今まででNO1の残響だとみた(笑)

演奏の出来栄えはというと、はっきり言って覚えてないというのが素直な感想。
なんでかな・・。
自由曲は結構早めで、心配されてた(笑)タイムオーバーの危険も遠ざかり前半出番の少ないyamaは一安心。
多少のアクシデント(察して…)はあったにしても何とか演奏が終了。
その後、聞いた話では米西への拍手が一番長かったとか(・−・)へええ・・・・・。

結果は、見事!米西は米北と同点1位で中国地区大会に出場が決定!
以下 3位八頭 4位米東 の順番となりみんな大喜びでしたね(^−^)

続きを読む "さぁ県大会!!!"

| | コメント (0)

« 2001年7月 | トップページ | 2001年9月 »