« 2001年10月 | トップページ | 2002年3月 »

2001.12.29

年納め、部活納め

 今年度の部活のしめくくりはやはり大掃除でしょう!
普段使わせていだだいている校舎やトイレ、そしてもちろん音楽室などを手分けしてホンキで(笑)掃除したのち、音楽室にはしめ縄を飾り、 それらと並行して 年越しそばチームを結成、生活文化科の二人の指導のもとに支度をし、みんなで食べて今年度の部活は終了となりました。

さてさて。。。 実は今回で 管理人ヤマネによる部活日誌は最後となります。
部活日誌はきっと続きますが、私の書く日誌は今回までなのです。

 個人的なことをここで書かせていただくと、12月28日をもって私、yama は吹奏楽部を辞めることになりました。
決して、嫌いになったわけではありません。

 でも、ずっと自分の将来について考えてきました。
 やはり夢というのは並大抵の努力では叶うはずもなく、部活も自分の勉強もどちらもうまく両立できていないまま今まで過ごしてきました。
 そんな自分がこのまま部活を続けていく事というのは、それは頑張っている皆に対してとても失礼なことに思えたのです。
 そして、そんな自分ときっぱり別れて、ストレートに夢に向かって頑張るために部活をやめることにしました。
本当は、もう1つおおきな理由があるのですが(決して部活のなかには問題はないですよ)。

本音をいうとみんなと部活をしたいのです。本当に。

でも。
やりたいことと、やらなきゃいけないこと。今、自分がこなさなきゃいけないことが、目の前にたっくさんあります。
やはり、やるべきだと思ったんです。

 この西高吹奏楽部で、私は本当にたくさんのことを経験させていただくことができました。
吹奏楽をしていたからみんなと出会えたこと、たくさんの人のまえで演奏した事、そして何より自分は米子西高吹奏楽部の人間だということに誇りを持つことができました。
 先生に、かの習志野高校の話を聞かせていただいた次の日から今まで、一度も掃除に手を抜いた事はありませんでした。
吹奏楽部だから。そう思って過ごせた事は自分にとっておおきな意味になりました。
 部活を通して学んだ事。
それは、もしかしたら勉強なんかより生きていく上で、人と人との間で生活していく上でもっと大事なんじゃないかって、すごく思うんです。

 01年の3月からスタートしたこのホームページ。 もっと多くの方に私たちの活動を知ってもらいたい! そんな思いから始めました。
そして、岸本氏のスバラシく涙ぐましい(笑)努力で、このHPはとっても太い綱になりました。
 こんな、ほんとに自分の日記 程度のつたない文で書かれた部活日誌をいままで読んでくださった方々に深く感謝いたします。この部活日誌を通してすこしでもこの米西ブラスのことを知っていただけるよう努力してきたつもりです。
本当にありがとうございました。

 米子西高吹奏楽部のみなさんに深く感謝いたします。たくさんの思い出をありがとう。
いつか未来の米西ブラスを指導できるようなプレイヤーを目指して頑張ります。

これからもずっと私は米西ブラスを応援していきますよ。
バンバレ!!米西ブラス!!!

12月29日 yama
2001/12/28

| | コメント (0)

2001.12.23

定期演奏会

 合宿を明け、公会堂でのステージ練習を終えました。いよいよ当日です!
 9時前集合にもかかわらず、8時過ぎからみんな公会堂の外で(サムイ!!)踊りの練習など余念がありません。

 今日の日程は 3部 → 2部 → 1部 の各リハーサルのあと、本番 。
 数え切れないほど聞いた劇の台詞、夜中おそくまで練習していた「でしゃばり−ず」のメンバー、徹夜してつくったファッションショーの衣装、一生懸命考えたバックのスポットライトの色、演出の数々…
 これまでの練習を思い出しながら、いい演奏会になりますようにと祈りをこめて日程をこなしました。

 本番というのは、その時になってみればアッという間です。その直前、最後の練習というのは本当に頭に残るもので、 舞台裏での張り詰めた緊張感だとか、客席からは見えない舞台裏のあの慌ただしさだとか、 突如セロファン買いに走ったりしたこととか(先生が当日いきなり、「ゴジラでつかうグラス(お祝いの音でつかう小道具)にセロファンを張ってワインみたいにしたい」なんて言い出したもんだから)、とても強く濃く(笑)印象に残っています…

そして
いよいよ本番。


 ゴジラ登場(マル秘演出の一つです)!の1部、思ったよりもウケた第2部・音楽劇、3部での楽器置き忘れ(!?)事件、などなど。 お客さんに楽しんでもらえたのかとても不安でした。

 「定期演奏会を見に来てくださった人にいい思い出をつくってもらいたい。」
いつもそう思いながら練習を重ねてきました。
 でも、本当にいい思い出をもらったのは私たちの方かも知れません。
アンコールの「美空ひばりメドレー」で目に入った、おばあちゃんのあの笑顔や大きな拍手は、一生の思い出になることと思います。本当にありがとうございました。

ステージ上での靴の音、演奏上の問題、劇での演技のこと。。。多くの問題を抱えつつ迎えた本番は、やはり多くの課題を残しました。
 今回課題だったことを次に活かして、つなげて行けるように、これからもよりよい演奏を目指したバンド(= 純粋に音楽を楽しんでもらうことをめざすバンド)であってほしいと願っています。

 少々早いですが、 次回「2002年 第30回米子西高等学校定期演奏会」は 12月26日、公会堂で行われます。
 是非みなさまお越しくださいませ!!!
2001/12/23

| | コメント (0)

2001.12.21

定期演奏会 〜駆け抜けた3日間 合宿編〜

定期演奏会 〜駆け抜けた3日間 合宿編〜
 そうなのです。今回の定期演奏会は3日間の合宿からスタートしました。
19日(終業式)〜21日 の3日間を学校ですごしたのち、22日の公会堂練習を経て23日本番にのぞむ、米西ブラス始って以来(2001年しらべ)の試みとなった今回の定期演奏会。
 今回の部活日誌では【合宿編】【定期演奏会】の二つに分けて日誌を書いていこうと思います。どちらも読んでやってくださいね(^_^ヨロシク)!

 19日終業式終了後、今年2度目となる合宿が始まった。
今回の合宿は、同窓会館(西高敷地内にある50人収容可能な県の建物。夏はセミナーハウスという宿泊施設も使わせてもらっていた)のみでの宿泊となりました。当然夏とはいろいろと違い、 フトンも全員分なく(泣)二人で一緒に寝る人が続出であると知って一同「え〜!?」となるものの、たくましくもサクサクと準備を開始。
 フトン運びで誰が言うともなく一列にならんでリレー形式になるというのは、やはり合宿慣れからだろうか(^^;

 準備を終え、お昼をすませたのち合宿入り。
劇組み(定演でやる劇のメンバーのこと)、広告係、などなど に分けられて各自練習練習また練習!!!
 しかし、よりよいものを見ていただきたいという気持ちから始った今回の合宿、 予定では「これまで平日に広告取りなどの仕事に追われてできなかった合奏を、合宿で挽回しよう!」ということになっていたものの、結局はまだまだ演奏以外の仕事にも追われ、思うように合奏に注力し切れません…

続きを読む "定期演奏会 〜駆け抜けた3日間 合宿編〜"

| | コメント (0)

2001.12.07

アンサンブルコンテスト

 まだ「こりゃあ夜中か!?」と思うほどの暗さの中、米西ブラスは未来ケ丘を下山(笑)し一路 鳥取市へ。
バスの中は常にハイテンションと決まっている米西ブラスも、サスガに朝早いだけあって(部長は5:20の電車で来たそうな・・・・涙)眠りに堕ちる人が続出!!寝不足もあってか体調は万全じゃない様子。。。。

そんなかで、モサモサとお菓子を食べていた管理人もいたとかいないとか(笑)

そして9:00頃、会場となる県民会館に到着。早速楽器降ろしだっ!!と妙に意気込むが、肝心のトラックがぁ!来ない!ないない! この寒い中外で待つのもなんだということで一同中へ。 …こんなとき、皆が行くのはトイレと相場が決まっているもので一気にトイレの人口密度が上昇(笑?)

そんなこんなで楽器降ろしが終ったのもつかの間、打楽器部隊はすぐさま移動。プラグラムを早めに組まれている都合上、毎回のことながら打楽器さんが一番不利だと思うのは私だけでしょうか、十分にウォーミングアップも出来ず。。。。
今回は舞台での練習もなくなったそうで、なんか本当に本番で十分に力が発揮できるのかと心配に思いました…

さて、ここからは管理人がフルートということで(^-^; Flute パートの視点で話しをさせてもらいます。

続きを読む "アンサンブルコンテスト"

| | コメント (0)

« 2001年10月 | トップページ | 2002年3月 »